★南極




隆起している南極プレート ポール・シフトの間、南大西洋に境界を接する南極プレートの部分が上昇し、それによって★南米と南アフリカの先端の間に新しい陸地が生じるだろうと、ゼータ達は予測しています。

ゼータ・トーク 予測 2/15/1999:

 プレートが太平洋で折り重なるか、砕けるか、潜り込むことによってこれを実行し始めるので、南極プレートは、圧力下の太平洋と横で隣接している状態に気付くでしょう。  これは、実際に、南極プレートを、★扇のようにそれ自体を折り重なるように強いています。 傾向は、寧ろこれらの境界を接するプレートから、南極プレートが★離れていくようになっており、故にそれで自由に動けるようになります。

 同様に、大西洋に沿って、大西洋で広がっていくプレートは、ばらばらに引き裂かれ、非常に頑丈なプレートになっていくように、その動きに抵抗する南極プレートに求めています。 弱点を与える箇所は、これらが既に弱めえられた箇所である、大西洋の南極プレートとそれらのプレートとの間の境界です。 従って、これらの弱い箇所は分離し、大西洋プレートが独自の道を進み、南極は、然るべき位置に留まります。  南極プレートは、今、★全ての側面で自由です!

  太平洋の側で重複し、圧縮しているプレートは、圧力と押す力を象徴しています。 大西洋側で分離して広がっていっているプレートは、隙間を象徴しているので、南極プレートは、★その方向に動いています。 しっかり留められていた境界から自由になると、全てのプレートが乗っている熔岩の海に、自由に浮いているか、沈んでいき、そして深海の下に沈んでいる、それらよりも軽くなった陸地のプレートとして、そのプレートは浮いて―★新しい陸地になります!

海上に等高線があるように、海面下にもプレートの等高線があります。 波の上に現れる南極プレートの部分は、南極プレートの残りの部分よりも高くなるでしょう。 従って、新しい陸地と既存の南極大陸は、接続されません。  太平洋の着実な圧縮の間、南極プレートは、押し上げるようになる南大西洋と境界を接する部分と共に、押し下げられます。 このニュースレターの268号で詳しく述べられたように、昨年2011年11月に、大西洋の境界に沿ってずっと、私達は地震に遭遇しました。

★プレートは、解き放たれ、移動中です!  今や、南極大陸と、南米及びアフリカ・プレートの両プレートによって共有されるプレートの境界での群発地震が、最近現れました。 これは、広がり離れていっている南大西洋の中央部での地震とともに、起こっています。 これは、ゼータ達によって描写された進行ですか?   最初に、プレートはその接続からプレート自体を自由にするので、熔岩の海を自由に動きます。 そしてその後、大西洋で上昇します! 上昇中であるかもしれません!


2012年1月16日 5.1 南サンドウィッチ諸島地域
2012年1月16日 5.6 南シェトランド諸島
2012年1月15日 5.3 南中央大西洋海嶺
2012年1月15日 5.1 南シェトランド諸島
2012年1月15日 6.2 南シェトランド諸島
2012年1月15日 6.6 南シェトランド諸島
2012年1月15日 4.9 南サンドウィッチ諸島地域
2012年1月14日 5.0 南サンドウィッチ諸島地域
2012年1月13日 5.3 南サンドウィッチ諸島地域
2012年1月13日 5.1 南サンドウィッチ諸島地域

inserted by FC2 system