★南アメリカ


                                                                    摩擦の熱 


 
速度を上げている南米の移動回転の間、「カルタヘナは、2012年1月17日に地面が蒸気を上げている」と、伝えました。 南米プレートの膨らんだ部分の最も重要な端の地点として、これは、確実に摩擦の熱が生じることがある場所です。

ビデオ: http://www.youtube.com/watch?v=SGR-2Kilg70

ゼータ・トーク 説明 1/21/2012:

 コロンビア沿岸のカルタヘナは、南米プレートが、カリブ海プレート上を★滑っている場所に位置しています。 よく知られているように、一つのプレートの別のプレートの下への急速な潜り込み現象は、上に重なっているプレート上の地面に熱を生じます。 人は、この日に、従ってカリブ海プレートが少し沈下していくのを見るのを予想するかもしれなかったのでしょうか?

 実際に、MODISは、この、2012年1月19日の★海抜の突然の喪失を表示しています。 南米の回転は、進行中であり、★速度が速まっています。  カリブ海プレートがこの場所での回転によって押し下げられていたなら、カリブ海の西端のパナマの海抜は、これを反映するのでしょうか? MODISの衛星画像を比較することによって、疑いなくパナマでは、★海抜の多少の喪失が生じているように見えます。

 そして造山運動は、北アンデス断層線に沿ったどこか他の場所で、疑いなく明白です。 ★赤道で、陸地は2つの方向に引っ張り離されていました! 午前4:00に轟き音がありました、そしてこれが結果でした。 ★長さ120メートルで幅70メートルの陸地の溝がチュラで形成された


2012年1月21日 http://www.lahora.com.ec/index.php/noticias/show/1101267306  

陸地は、新しい地滑りの発生となるかもしれないという危険を伴って分離されたので、地元住民達は、生き埋めにされるかもしれないという恐怖に直面して、そのような場所に偶然行き当たらなければと良いと思っています。



                              ★カリブのくだけー18ju2011

Q:南米の450kmの移動により津波が起こるか?

  A:レベル10のうちのレベル7のシナリオの順序は、プレート移動の始まる順序を示しています。 従って、大多数の人々にとり、★第四段階の南米の回転は、明白になる時点に進んだ時にだけ、スンダ・プレートの沈没が終了すると、私達は予想している状態で、重複があります。 ★第三段階の★フィリピン・プレートとマリアナ・プレートの折り重なりは、インドネシアを保持している★スンダ・プレートの沈没が始まった後に、設定されていますが、どちらも現時終了していません。
 
  南米での西への250マイルの喪失は、フィリピンとマリアナ・プレートの大部分が折り重なるために、太平洋の圧縮を含みます。

ナンシーが彼女のニュースレターの中で指摘しているように、海水の高さを示す全てのブイと共に、海洋での★太平洋の盛り上がりの際の海水は、★圧縮が起こった場合に可能なだけです。 南米との関連で高潮があるかもしれませんが、広大な太平洋は、体積の増加を受け入れ、これを分散するので、目立って★大きい津波はないでしょう。  

  18ju2011  
 A:南米では、大陸の東側に沿って大陸を伸縮する弓状の圧力によって、幾つかの地域で海抜を下げられ、レベル10のうちのレベル7の洪水がブラジルで、そして今ガイアナで起っています。 確実に、アフリカがレベル10のうちのレベル7の回転の中で進行しているので、同様にそのような★洪水が起こっている地溝帯渓谷と紅海に沿った地域があるでしょう。

issue246 ー2011年6月5日
 アンデス山脈での圧力が、南米の回転の一部として、始まりました。6マイルの長さで3マイルの幅の地面の裂け目がチリで生じ、灰を噴出しています。 チリ南部のカウレ・コルドンの火山の一つが土曜日に激しく噴火し、煙と火山灰が上空高く渦巻き、近くに住む3500人以上の人々を避難するように促しました。 政府は、プイェヒュー火山が影響を受けていたと初めは言っていましたが、その後噴火が山頂から約2.5マイルで起こっていると言いました。

  長さ6マイル以上、幅3マイルの断層は、地球の地殻の中で引き裂けました。 国家緊急事態局は、1時間に平均230回の振動を記録したと言いました   裂け目からの噴火は、近くの川が地面の熱によって沸騰し始めたので、単なるニュースではありません。 沸騰する川は、激しい潜り込み現象を受ける地域の上方に横たわる岩では、新しい事ではありません。 アンデス山脈のこの地域は、ナスカ・プレート上を★真西へと通る圧力が強烈な地点です。

  Nov-2010ー issue210ー

 南米プレートは、転がり始めていますか?  バランキアという都市はカリブプレートと南米プレートの間の境界上にあり、恐ろしい地すべりを経験しました。>
2010年10月27日

VIDEO: http://www.caracoltv.com/noticias/nacion/video-195031-colapsan

たぶん、より重要なものは、バランキアの市民に伝えられるところでは聞こえているうめき、砕く音です。

Issue 207 ZetaTalk Prediction 10/16/2010:

  ゼータによると、このニューズレターの問題207の中で提出されるように、これは、カリブプレートの上への南米プレートの砕きとして聞かれるであろうものです。それがそうするようにその重量によってそれを押し下げて、南米プレートがカリブプレートの上で滑る間、南米と不運なカリブプレートの境界に沿って生きる人々は大きなうめきと砕きを経験するでしょう。 カリブプレートの他の側で、またカリブプレートへの圧力の証拠がある。 <A href="http://www.zetatalk.com/newsletr/issue210.jpg">http://www.zetatalk.com/newsletr/issue210.jpg</A> 

  今年、サンゴの80%が漂白されて、 80%白化、2010年のカリブにおける海の温度が2005年より高い<BR> ・南米の傾きがインドネシアの災害の後で起こると                                  ★南米プレート   

この全てが南米とカリブ海と中米の移動のためではないけれども、レベル10のうちのレベル7のシナリオの結果として、南米の上部がそれ自体「250マイル更に遠く西にいることに気づくでしょう」と、私達は述べた。 私達は、より具体的にできるでしょうか?

 「太平洋プレートが一つではなく、4つのプレートで構成されている」と、私達は描写しています。 それらは互いに折り重なっており、それで太平洋が圧縮します。  南米に回転を起こさせる太平洋の大きさの重要な縮小を引き起こすのは、主としてマリアナとフィリピン・プレートの傾きを伴う、★マリアナ海溝の折り重なりです。インドネシアでの★最終的な沈下と南米プレートの重大な回転の間のこれらの出来事の際立った調整があるでしょう。

inserted by FC2 system