★経済★


ゼータトークより引用、許可すみ 訳は私自身ですから。

Crash Impact : 崩壊の衝撃
-
-------------------------------------------------------------------------------
  勿論、我々は物々交換するシステムは最終結果で、物々交換出来る物にお金をつぎ込み、すべての他の者がそうするであろうから、その価値を失わない土地のようなものの中につぎ込むのを、人々にアドバイスする。 これは実質が価値が失くなる何かに基づいている何でもーー宝石、コイン、債券を含む。
 普及しているか、又はしていないであろう多様な国を見るならば、これは幾分、彼らの国際的なリーチによる。 他の国で、網で捕えられた誰かのように、他の国への触手や広い国際的なリーチを持つ国々は、すべてが崩壊していないなら、それほどひどく潰れないであろう。 しかしながら、最も良くやって、そして最も強いドルを持つであろう国々は、穀物不足、又は貿易か出来ないことから、最も少なく影響を受けるであろう。
   この点に関して、日本は、広いリーチとすべての他の国への触手と銀行制度を持って、そのカテゴリーに入る、そしてそれは、もし他の者が、失敗しているなら、ただ、それが他の者が引きずり下ろされるだろうから、失敗することを許されないであろう。さらに、日本は、この点に関して、苦しむことができる、島それ自身は、その原材料の多くを作り出さない、しかし彼らに輸入してくれるように要求する、そして生産された商品を買う金を持っていない時、輸入することで苦しみがあるであろう、そして、島でたくさんの内部の騒動があるであろう。
はこの点に関して、ドルに対して苦しむ可能性が高い。
 中国はひどく影響を与えられるであろう。 それは既にその民衆を食べさせ、中国の熊が吠えている所で問題を持っている、それは子猫の「ニャオ」まで下がって、しなびて、そして連絡がないであろう。 合衆国と若干のヨーロッパの国は、彼らの豊かな資源に基づいた強い支配を持続しようと試みている。
  これは成功するかも知れないし、又は成功しないかも知れない、しかし恐らくそれらを保持するであろう、米国のケースでいくらか、他の者の上のボスとsholdersは、それで彼らがすべて沈む時に、あなたはまだ米国のボス頭がいるのを見るだろう。   穀物ベルトと東南の農業は、彼らに独立するのを与えるのに十分に、変化する。
 ヨーロッパでの多くのケースで、人口は土地が支えることができる限度を越えている、そして日本が経験するかも知れないものと同じように苦しむであろう。
 干ばつ、大洪水のために、穀物不足から苦しむ第三世界は、彼らが彼らの進歩が一度も起こったことがなかったけれども、彼らが50年から100年前のレベルに後ろ向きに後退して、彼らが本質で経済の暗い時代を経験し、又は人のいなくなるのに気づくであろう。砂漠の区域は本質的に聞かないだろう、スーダン、イラクとイラン 。 飢餓が、全くひどく、そしてマスコミは少ししか報道しないであろう。  若干の武力威嚇よりも、彼らの飢餓の中への死の行進に陥っているので、彼らがプレーヤーではないであろう。 無断、複製を禁ず:ZetaTalk@ZetaTalk.com

 ゼータトーク:During 2001:2001年の間に
-------------------------------------------------------------------------------
 2001年を説明する全体の言葉は、物が不確実になっていることである。頻度と強度で、増大している地震は、嵐損害が続き、それで、もし、政府介在により支えられないならば、保険会社が、ためらい、失敗し始める。世界的なので、天候が、より不定で、従って、作物不足が起こらないふりをするどのような試みでも、もう可能ではない。
 食物価格が上がること、または、店の中の不足、もし政府が、価格凍結によって介入しないなら、大衆に商品を分配が強制される。飢餓は、すでに多くの国に存在し、増大するけれども、飢えは、時間が経過して小さい声を持つ、ますます無視される。  経済の衝撃が、お互いに、ぶつけはじめるので、一方が他の原因になり、経済の結果は、世界的な不況になるように景気後退と恐れがありうる。

 災害からの経済のダウンは、個人、およびそれらの働く能力に影響する、サービスを提供する能力の国と都市、および顧客に依存する企業。  災害は増える機会を導く、しかしもし、助けの資源が手にはいるならだけなら、助けがないなら、、又は供給されない時には、災害は経済的なダウンになる。  従って、供給国の少しのファンファーレによって、国の間の援助は切り離されて、大衆は警告されない。第三世界国への彼らの投資に依存するビジネスは、その時、失敗し、もう一度、不確実な経済環境を作る。

 政府の反応が、大衆が期待して来たものより少しの時に、文化によりけりで、抗議、または暴動がある。強い武器戦術は増大し、抗議者を拘留し、消灯令、または旅行制限を作る。落ち着かない大衆を散らす共通の戦術が、外の脅威であるので、多くの国の政府が、武力による威嚇し、指を他の場所に指し示し、脅威と要求を作る。

 全体の世界が、経済と作物災害により影響されるという点で、これは、戦争のためこれらの国(中国、北朝鮮、イラク、イラン、リビア )のどれも進まないので、★戦争をもたらさない。賞が、全然ない。  従って、要求は作り、他の場所の原因と考えられるものを訂正して、もう一つの国へ一つの国、それらが騒々しいけれども(中国、北朝鮮など)、紙のドラゴン一種の以上の動作が続かないーすべてのノイズと実体のなさ。 版権所有:ZetaTalk@ZetaTalk.com

今後、ニューヨークの株式相場の大暴落により、日本の株式相場も大暴落し、銀行などは再建出来ず、社会の金融制度の崩壊へと進みます。それと並行して、2001年より穀物を筆頭に植物が大変穫れなくなり、しかし、農民と大衆は、今年だけであろうと少しだけ心配し、2002年以降に期待します。
 しかし、2001年は、さらに干魃、大洪水、台風、ハリケーン、高潮などがさらにひどくなり、火山噴火による灰の降下で地球の一部が日照不足にもなり、穀物の収穫がさらに減ります。この頃から、米国は輸出を全面的にストップか、制限し始めるでしょう。 一度日本は経験しました。その時には大豆の輸入が減り、豆腐が
三倍にもなりました。今年(2001/feb)の始めは、全国的に寒波になり、野菜価格がキャベツなど約三倍しています。

 2002年は、さらに穀物の収穫が激減し、各国で食物のための大規模なデモや争乱が起こります。 この頃までには、資本主義の株式相場や国債が失敗し、物ぶつ交換が行われ、米国はこれまでに戒厳令を施行し、各州の行き来は制限され、軍が行き来を阻止します。 米国の備蓄食物は、完全に空になります。 もちろん、日本は、幸いにも、2000年は大丈夫でした台風が全く襲来しませんでしたので、個人の備蓄が、2002年の8月頃まで可能です。これを願いますが、個人の危機管理として、ーー(政府はご存じの通り、無能ですから、)米の備蓄と缶詰、乾燥野菜、乾物物やハイブリッドでない種の備蓄が奨められます。 2002年には、今度は確実に、穀物不作で収穫の激減が始まります。政府は、まだ、日本の円の価値が、あればのことですが、米国や中国、タイ、ベトナムなどに米詣でをし、大使を差し向けて、希望の半分位は、輸入できるかもしれません。しかし米などの価格は、もう、すでに高くなっているでしょう。

 1993年の米の不作の時は、たしか1000万トンのうち200万トンが不足し、あの状況でした。 (タイ、ベトナム、中国等から輸入し、TV等で輸入米を国産の米と混ぜていかに上手く炊くか等の特集も、していましたね!!そして、ある者はゴミとして捨てていましたね、タイの農民に失礼な話しでした、タイは最高のものを輸出し、そのおかげで、タイの米価格が上がり、タイの大衆にとっては迷惑な話でした。)
 2002-3年は、さらにもっと激減し、価格はウナギ登りで、闇米が横行し、価格は普通米で10kgで2−5万円もするかもしれません。皆が無駄な出費を控え、経済もどん底状態になり、穀物の輸入はもうないでしょう。どの国も自分の国で、精一杯で輸出する余力は完全にないでしょう。 札束積んでも叶わないでしょう、又、円の価値もその頃には、多分に1ドル=150−250円位になるでしょう。今の半分以下の価値になると私は思います。ゼータトークも円の価値が下がると予想しています。それは各国が日本の輸出品を買わなくなるからで、原材料を買うのも困難になります。経済はどん底状態になります。銀行は、世界の上位六行はどうにかやれるでしょうとゼータトークは述べています。

 後は全滅状態でしょう。この時期は、2000年、2001年、2002年のどの年に実現するかは分かりませんが、どこの国もお金の価値が激減=商品の価格が高騰して、特に食物関係はそうです。 ポールシフトが起これば、経済どころではなく、人類は原始状態にたたき込まれます、日本では、噴火、自身、津波で万が一、もし、生き残っても、食べ物がありません。何にもなしです。水は火山灰に汚染され、鉛たっぷりの濁った水しかありません、道路は、皆ふさがれ、一日中、夕闇状態で、木々は焼かれ、火山灰が所によっては5m以上、積もります。そして飢餓で、病気になり死ぬしかありません。 そこでこのホームページがあなたを助けます。しかし、準備しなければ、知識だけではどうにもなりません。実際に行動することがあなたの家族を助けます。米の備蓄などは親類、友人にも言わない方が賢明です。飢餓は犯罪を誘発します。

 米国では、今も、米の大量購入者はチェックされています、皆カードで買いますから、コンピュータでチェックは簡単です、そして飢餓が蔓延した時に、彼らの家、倉庫を急襲し、逮捕して監獄にぶちこまれるかも知れません。そこでゼータトークは「備蓄はするな」と奨めています。チェックされているからです。その代わり、水耕栽培とナマズのタンク養殖とミミズ養殖、藻栽培のリサイクル(環流)を奨めています。これらは盗まれても、又、栽培出来るからです。  米国のイスタブリッシュメントは(秘密政府、影の政府)、ケネディ一族の抹殺、UFO研究者、第12番惑星について公言する者、第12番惑星のことを発表しようとする天文学者、米国の将軍、NASA,JPL関係者、マリリン・モンローなどを抹殺しています。ブッシュ親子大統領などは表に出ている影の政府の一員です。ブッシュJR大統領は、戒厳令を速やかに施行しそうです。

 彼らは、大衆には、第12番惑星の接近とポールシフトのことは、間際まで告げず、自分たちだけ秘密の隠れ家シェルターに逃げ込むつもりです。ポールシフトの後に出ていき、再度権力を使って彼らの王国を作るつもりです。しかし、これは出来ません、夕闇状態が無くなるのに約25年ほどかかります。彼らの備蓄も底をつきます。彼らは水耕栽培等を持っていませんし、ノウハウもなし、種もなしです。

 軍隊などはなく、とっくに兵隊も家族の元に帰っています。 日本に関して言えば、世界で最も最悪です。しかし、備蓄は出来ます。25年の備蓄量は、大変、多いですが。しかし、米国などのようにチェックされていません。 サバイバルに関して、重要なのは、まず安全な土地が優先します。備蓄しても火山灰で埋まったり、今の北極、南極が新赤道に移動し、溶け始め世界の海が上昇し始め、数年で約200m上昇しますので、低地はダメで、火山、原子力発電所や弾薬備蓄の近く、ガスタンク、化学品のタンク、ダムの下流は、不適です。

 そうすれば、安全な所は限られてきます。 ★今は、時間が限られ2003/5/15ーポールシフトの日)私は、サバイバルサイトを作っています。
 まず土地の確保、食べ物の備蓄、水耕栽培や魚タンク、風車発電、シェルター作りや備品購入なども必要です。
このホームページに賛同された方は、ご一報下さい。日本人として、サバイバルしましょう。私たちが未来の種になります。


inserted by FC2 system