●次元シフト●



★ それらの不活発な太陽の部分は、いわば、使い尽くされて、第3次元惑星が太陽を旋回することに関して、地球と一緒にステツプで4次元惑星になるように予 定されていない、第12番惑星を含めて、重力の中心として残っているであろう。 重力のより少しで、あなたの太陽系の第3次元惑星はより大きい軌道を想定して 、外へ動くであろう。

●第3次元の地球の表面に残る生命は地球の表面が暗い第3次元太陽の減少している光線下で冷える時、死に凍りつくであろう。
我々は若干の好ましくない物を去る − 例えば●蚊、彼ら自身を食べさせるため以外には生物学の目的を満たさない、寄生生物と病気を運ぶのを支え、さらにシン ボリックなサイクルで必要なリンクでないサナダムシ。

●そんなウイルス、バクテリア、菌類、寄生生物のような多くの病気の代理人がシフトの間、動かないだろう。 すべてそれらは凍結して死ぬ。

   究極的に地球のコアさえ冷えるであろう、溶岩は堅くなった、しかし地下の生命が、あなたの古い家の中心においての熱が消えて行き始める前に、若干の千年期 の間、続くであろう。  黒い服を着た男たちと、地下の家で、今あなたと一緒に共存している他の人たちは表面で生活してる人とステップ段階で4次元に動くように予定されていない。  黒い服を着た男たちと他の地下の住民はあなたの太陽が死んだという印象で、若干の千年期の間、生きるであろう。  d40

★彼等が死ぬ時、第3次元を離れる準備ができていないそれらの人は地球に転生しないであろう。 地球が善意者で4次元実在のために家になるように予定されてい る時、それらの第3次元実在が宇宙の新しい世界の他の所に行くであろう。  我々第3次元を去る霊について話している、それらの人間に転生する霊は悪意者であること、又善意者であることの彼らの決意をしなかった。

  我々が説明したように、これは知的な選択ではなくむしろ感情的な選択である、人は選択が堅く、知らないのを示す行動によって続く。 この新しい世界は何のようであるであろうか? それは、果てしない波の表面の上に突き出ている2本の手を振り、又ほとんど岩がない水世界である。 この惑星上の種はすべてそれらの水における全部の生命を過ごす生命形式から進化した。 それで、哺乳動物がこの惑星で存在しない、あなたの鯨とイルカに過去に起こったような土地上の制限のため、そんなものは彼らの進化の過去の間に可能ではなか った。


この世界は長い間、4次元存在のために準備ができているそれらが、後ろにそれらを未決定のままにして置いて、収穫されたいくつかの変換を通して転生した実在 の家であった。  この世界は他の世界からしばしば移植を受け取り、それでそこで転生した人々の記憶で過去の経験の広いスペクトラムがある。 そこで転生している人が彼等が速く水世界で暮らして、手の代わりに触手を持って、卵の時折の一団に気を付けることに順応することに気付くであろう。

 この惑星は炭素基礎で、それで地球上に進展した生命形式への共存できるDNAを持つ生命形式を持っている。 ここのように、未来にそれらの地球に転生している実在が未来に4次元実在としてこの世界を訪問することが可能であるであろう、この世界にエイリアンとして行 動をして。  彼らの普通の歴史のために、この機構は緊急の感情移入が、呼びかけが与えられている時、場所であるであろう時、実際は理想的である。

 人が今日4次元、又たこやゼリー魚のような水の生命として転生した高い実在から訪問を受け取る。 訪問者が訪問されている惑星に順応する、それで、水世界からの訪問者が訪問の間に水タンクで残留する。 将来、地球から新しい水の家への訪問が、呼吸するために保護のスーツと泡ヘルメットをかぶることによって、人類似の訪問者にさらに宿泊施設を作るように要求 する。 d47

★Homesick ホームシック  D-48

----------------------------------

 移植された実在がしばしば後に残された世界に対するはっきりしないあこがれを持っている。  これは、世界が妙な環境を引き起こす又、前の生命形式より、根本的に異なった生命形式に生きるために状況が実在を必要とする時、特に本当である。  前の転生している人は水世界の上の未来が彼等が海底、既視の感じの上に山頂と谷の周りに放浪する間に妙なあこがれで彼ら自身見いだすかも知れない。

 強いホームシックを経験している移植された実在が、もし可能であるなら、4次元の中に卒業している彼らのオリジナルの家に後方に時々移植される。 4次元善意者達への地球の変容の間に水世界に移植された前の人のために、家に戻ることは真の可能性である。  もし彼等が善意者指向を選択したなら


inserted by FC2 system