●第12番惑星の住人●   


 p29
★第12番惑星はあちこちに、通常の基礎上で大気をなくす、これが豊富な大洋から再建するところで、基本的に水惑星、ある要素が使い尽くされる  

●金を含んでいる大気の分子は、惑星が生み出す熱と光を記憶しているために必要である、熱と光を保持して、本質的に表面に元気を取り戻して、これらの金ベース分子の惑星を暗くして、冷たさなしで。          m04

★第12番惑星上の人類似が地球上の人類のように同じ方法で種を蒔かれた、同じタイムフレームの間に、しかし、むらがある発展が起こった      s31
それで、第12番惑星上の人類似は多くの前の千年期に地球上のホモサピエンスが今であるポイントに届いた。 彼らはロケットを開発した、合衆国がその人工衛星システムを持続するために規則的に空高く送る有人のロケットと異なってはない。  

ゴールは彼らの惑星をただ回るだけではなく、彼らの惑星のために資源を集めた、本質的に採鉱が限定されていた水世界であった。  
彼らは太陽系シャトルを発展させるよう追い込まれた、彼らの早期の宇宙飛行士は危険な状態で多くであって、多数死んだ。

 彼らは明らかに、彼らの望遠鏡と同等なものによって、地球と火星が彼らを支えることができた惑星であったのを見ることができた。
  地球上の国際的な旅行者と一緒に、彼らは彼らの免疫機構が順応するか、彼らは死ぬであろう新しい虫で感染することを予期した。

  やがて第12番惑星からあなたの太陽系に、繰り返された訪問の間に彼らが彼らのシャトルが不備欠陥になり、地球、火星に固定した植民地を決めた。

★通過時、稲光嵐が通過時に彼らの高層大気で起こる、めったに彼らの冷静な世界で見られない花火。w65 ★裸眼の人は激変の1年と7カ月前に、あるいは西暦2001年に後期およそ輝きを増やすだろう。  この出現は大気でわい曲を示すであろうか、大部分によって無視されるでしょう。

その理由はちょうど目に見えている地球上の光線、あるいは爆発している星としてこれを説明する。
★大きい人々、人間似のエイリアンは非常に喉頭音で、人類にとって、一連のブーブー言うように聞こえるだろう、w37

★ 我々はギリシャの神形式として、その人類的の形式に言及した第12番惑星の住民について主にここで話をしている。 この種族は地球から追われた、世界の評議会の管理側な権威によって。  彼らは地球から隔離された、それで、人間の種族が、過度の影響力無しで発展することができるように。


 隔離期間時期の前にさえ彼らは月の上に意志疎通の地位を確証していた、彼らは地球の上にセットしたずっと前に火星の上に採鉱操作を持っていた。w27

★それで第12番惑星からの巨大な人類似は、彼らの惑星が地球と比べてほとんど2倍多くの重力を及ぼす時、人と比べて強くて大きくて、重い。

★第12番惑星表面で重力的な引きは地球表面の半分以上で、そこに住んでいる大きい人類似のがっしりしとした容姿を説明する、磁力的な整列に関しての争奪戦で 第12番惑星質量がそれに4対1の優位を与えます。            p20
オーストラリアは第12番惑星からの巨大な人類的が探索した大陸の一つで、アフリカの岸に到着したと比べて同じぐらい遠くにあてもなくさまようパーティ。 w62

★★それらは同じグループによって、類似の目的のために作られた。 彼ら自身を多くの民族の伝説に挿入した第12番惑星からの巨大な人類似は地球をあてもなくさまよって、彼らの存在の言い伝えが残っていない区域でさえ彼らの手仕事を置き残した。

★これらの人類似的人間はドゴン種族の記憶で、インカのマヤの都市で中央と南アメリカでアフリカで、ギリシャの神、ゴート族としてヨーロッパで神話で書き留められる。  しかしながら、彼らは、唯一のこれの跡が後に残された人工物であるけれども、同じくオーストラリアと東洋を訪問した。 w60

★ペルシャ湾から始まっている古代の言い伝えがかなりの正確さで第12番惑星からの巨大な人類的と人類とエイリアンと人類との間に起こったインターチェンジを記述する。 この世界の部分は悪意者と善意者 両方から 本当にエイリアンで溢れさせられた、人々の戦闘がやがて隔離期間をもたらした、 ー世界の評議会によってその時、地球を去る巨大な人類的に課された。w50

悪意者と善意者との間のエイリアンの戦闘は若干のケースで/ この劇を見ている人類にそれは神秘的で素晴らしくて、今日の極めてコンタクティのように思われた、彼らは彼らの物語が信じられることがありそうもないと思った。

 しかしながら、彼らは精力的に彼らが、今日のコンタクティと異なり彼らが彼らの意識で人々の記憶を 記録することを許された時、見て、聞いたすべてを記録した。それでベーダ人(インドの古代人?)は悪意者と善意者達の間のクラシックな戦闘、すべての形と大きさの知的な生活形式と空中浮遊とホバリングしている船のような種々の反重力現象を記録する。

★宇宙シャトルと原子核爆弾とレーザーのような技術をマスターした世界から来る間に、彼らは延長された一定の時期、何千年もの間にもかかわらず辺境の居留地にいて、無制限の蓄えを持っていなかった。  荒野の中に送られた地質学チームのように、彼らは彼らが消費したもののために取り換えを生産するために容量がなかった。


この技術退化が第12番惑星帰りの間の年に広がった、一つ世代が次の世代に彼らが彼らの家惑星上で学んでいたすべてを手渡さないで死んだように。 それで、反抗的な奴隷を串に刺して、切りさいて、大きい肉食動物を追い払うことを伴った鉱山の標準的な日ごとの行動は剣とやりのようなプリミティブ武器で行われた。 さらに、女性の奴隷と運動で楽しむことがもう、嫌である時、彼らの間の兵隊は同じで彼らの人間の奴隷が使うかも知れない道具 − 投げ槍、弓と矢で狩りに行った。w64

★彼らはその時代にとって奇跡的に思われる技術を持っていた、稲光ボルトで現れるものを投げる能力、地上に浮く、ロケット船で離陸する、外科手術を行って、患者が生きるようにするような。 w67

●古代のエジプトの神、古代のバビロニアの神、ドイツの Vizigoths 、古代のマヤの、インカの神が、 ほとんど、地球に配置して、採鉱操作を監督していた第12番惑星王族からのある特定な個人である。

   古代の反抗者についての物語は、彼らの名声と戦闘での勇気で知られていて、反抗者が最もしばしば、どうにかして逃げて、生きていて、彼女の特大の幼児を生むことに成功した女性の奴隷の強姦から若干の 遺伝学を運んだ時、これらの訪問者から同じくしばしば、一部、遺産に基づかせられる。

★遺産は今日、中東、ゲルマンの国と南の海全体で遺伝学的に支払われて、同時に大きい名声、かんしゃくと強い筋肉構成を所有する彼らの人で身元確認可能である。        w67

★彼ら自身を多くの民族の伝説に挿入した第12番惑星からの巨大な人類的は地球をあてもなくさまよって、彼らの存在の言い伝えが残っていない区域でさえ彼らの手仕事を置き残した。   w60

★第12番惑星からの人類的人種の人たちは、 Olympus 山のエイリアンの神と呼ばれていた、極端な筋肉の発展の容量の容姿でほとんど獣のような人で反映される。

●この種族は彼らの体格のためにだけではなく、彼らの気分、癇癪で知られている − 彼らの怒りの原因まで着実にともる激怒が浪費される。 彼らの戦争は交渉テーブルにおいて、今までに固定していない。  w18

★ やがて、地球から隔離された後で、彼らはどのように空気機密部屋で、大気を作り、維持するのを学んだ、それで、太陽系の中で、このスポットやあのスポットで、彼らの採鉱操作を続けて、ここでじっとしている。 ★それで第12番惑星からの巨大な人類的は、彼らの惑星が地球と比べてほとんど2倍多くの重力を及ぼす時、人と比べて強くて大きくて、重い。 w58

★この業績は地球人が、今、楽しむものを越えてある。あなたの太陽系の中での旅行であるけれども、太 陽を通過し、一つ又は、もう一つ周期的な揺れの間で地球と第12番惑星の間のシャトル、にもかかわらず、旅行がエイリアンに数年の間、冬眠に入るように要求した。R06 これらのエイリアンが、しかしながら、彼らが地球で指揮した人に類似して、あなたの太陽系の他の所で、採鉱操作が進んでいる。

★●第12番惑星上の人類的が地球上の人類のように同じ方法で種を蒔かれた、同じタイムフレームの間に、しかし、むらがある発展が起こった 肉食の動物を持った地球上の人類と極変化に伴う暴力的な地 質学の変更を扱う。

 もし、彼らが逃走していなかったなら、彼らは破片を拾い上げて、再び始めから やり直さなければならないことであった。 それで、第12番惑星上の人類は、多くの千年期の前に地球上のホモサピエンスが今であるポイントに届いた。

彼らはロケットを開発した、合衆国がその人工衛星システムを持続するために規則的に空高く送る有人のロケットと異なっていない。 彼らの惑星のために資源を集めた、本質的に採鉱が限定されていた水世界であった。 彼らは太陽系シャトルを発 展させるよう追い込まれた、彼らの早期の宇宙飛行士は危険な状態で多くであって、多数死んだ。

 やがて、第12番惑星からあなたの太陽系に、繰り返された訪問の間に彼らが彼らのシャトルが不備欠陥になり、地球、火星に固定した植民地を決めた。 第12番惑星住民が彼らが隔離されることを知らない、彼らはただ、彼らが離れなくてはならない認識に到達した。   これはこのような多くの事柄で整えられた、第3次元人類は今日に至るまで、決定はかれらにあると信じて。R31

★この業績は地球人が、今、楽しむものを越えてある。あなたの太陽系の中での旅行であるけれども、太陽を通過し、一つ又は、もう一つ周期的な揺れの間で地球と第12番惑星の間のシャトルにもかかわらず、旅行がエイリアンに数年の間、冬眠に入るように要求した。 r06

● 彼らは自由に人間の女性をセックス奴隷として用いた、それは、彼らが地球に住んでいたどこでもでもちろん、ときどき、生まれた子孫。  女性が広いヒップを持たないなら、彼女は出産で、妊娠の間に大いに死ぬ可能性が高かった。  第12番惑星からの訪問者はこれを知って、それらの汚ない死を妨ぐためにほとんど定期的に彼らのセックス奴隷に不成功の薬を与えた。

●しかしながら、ときどき、セックス奴隷が逃げた、カジュアルな遭遇が妊娠をもたらした、生きている子供が結果として生じた。 すべての遺伝学が混ざり合う傾向がある、それでこれは幾分より大きい人をもたらし、すべての人間の種族が選択的な繁殖のために時間の上で身長を増した時、その意味を失った特徴をだけもたらした。 a61

★アヌンナキーーAnnunaki に関してそして彼らが人類を作ったたか否かにかかわらず。  我々は、完全に答えることは交戦の規則を破ることであるであろうから、 Annunaki について我々の答えで簡潔であるでしょう。 我々は物語に真実あるいは嘘があるかどうか説明することができません。  t25


★ 金を含んでいる大気の分子は惑星が生み出す熱と光を記憶しているために必要である、熱と光を保持して、本質的に、表面に元気を取り戻して、これらの金ベース分子の惑星が暗くして、涼しさなしで。  m04  それで巨大な人類似はあなた方の地球から隔離された、そして人間は現在巨大な人類似が採鉱している火星の月から隔離された。 r-24

★これらのエイリアンが、しかしながら彼らが地球で指揮した者に類似して、あなたの太陽系の他の所で、採鉱操作が進んでいる。 r06            

●遺伝子操作ー人類創作●

★第12番惑星からの巨大な人類似は遺伝学的に人を設計しなかった。  彼らが遺伝学を戯れに考えた、そしてそれで噂は始まった。  彼らが進化の目盛りでわずかに人より先にあったので、それらの巨大な人類似がちょうど人間が熱心に今、このような活動を固執しているように、遺伝の実験していた。

 それで彼らが動物と人間の種の可能な合いの子のいたずら書きして遺伝がもたらすもののアイデアで遊んでいた時、これは今それらのいたずら書きを見つけている人々によって本当にとられた。

 これは未来の世代がそれらの画を見いだして、そして本当にそれらを取るのを意味するか?  それらは遺伝子操作が作ることができた可能性を持つ魅惑の描写であった。

★人類がそれらの人類似によってではなく、遺伝子工学をした他の人たちによって作られた、そしてこの誤っている神話は停止されるべきである。 ★ゼータはそれが今日、知られているように、人間の形式に周期的な遺伝子の貢献をした。 これらは主に脳開発、神経の分岐している、意志疎通のポイントの区域にあった w18、w04


inserted by FC2 system